2009年08月21日

「わが名はコンラッド」

ロジャー・ゼラズニイ 早川書房/ハヤカワ文庫SF<178>

人類がより進歩した宇宙人(ベガ人)の文化圏に身を寄せる未来。地球は怪物が徘徊する荒廃した世界で今や観光地と化している。主人公・コンラッドは地球美術遺蹟史料保存局局長であり、ベガ人ミシュチゴの指名で地中海世界をガイドすることになった。地球人の富豪たちも参加するそのツアーは、地球の運命を左右する重要なものであるらしい。
ギリシャ神話を下敷きにしているらしいが、場所がそのまんまなこと以外はイマイチ解らなかった。半神英雄の放浪と戦い、というと解らんでもないんだけど。ググってもこの作品絡みの記述しか出てこない「カリカンザーロイ」(察するに半人半獣の妖怪?)とやらがポイントなんだろうか。とりあえずプロットはお役所の局長といいながらタフで過去に秘密を持つ男コンラッドが、あちこち行っては暗殺者と戦い、怪獣と戦い、人食い人種と戦いしながらツアーの謎を偶に考えるくらいなので素朴に楽しい。ヒロイックファンタジーと称されるらしいが、むしろハードボイルドものっぽい。でも展開やキャラクターが何か優しいあたりゼラズニイである。他にも味のあるキャラクター、変なアイデア(フレイザーをテキストにして儀式を行う『人食い人種』とか)とからしさが盛り沢山で満足。
posted by 魚 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。