2007年06月18日

「プレステージ」観てきた。

 まずしょっぱな、林の中に散らばるシルクハットは絵になるなぁと思った。奇術師工房の雰囲気とかもいい。原作でのイメージがさらにクリアになった。衣装とか生活とかについても。むしろ自分の想像力のいかに貧困で紋きり型なことか。 映像はいいんだけど、肝心のマジックそのものはあまり面白くなかった。二人とも妨害受けて失敗しているシーンがほとんどだからな。あちこちで描写がもう少しずつほしい。まぁでもすでに130分あるしねぇ。
 しかしアンジャーもボーデンも、かなりヤバい人間だ。原作でもこんなだったっけ。ところどころ引いた。あとアンジャーの最期はともかく、そこでのボーデンが微妙にイヤなヤツだな。なんか上から見て。人生手品だけじゃないみたいなこと言って、そりゃアンタ、手品に没頭しすぎて色々幸せ失った自分が後悔半分そう言うのは勝手だけどさぁ。ザマみやがれ騙しあいは結局はお前の負け勝ったのは俺だぜーくらいムダに勝ち誇ってダメ人間っぷりを見せてほしかった。あれ、結局変態のほうがいいってことか? まぁいいや。
 さておき、案外丁寧に伏線張ってて、ちゃんと上手くどんでんがえる。それ以外にもトリックが仕込んであるし、よくできているなぁ。でも「この映画の結末は〜」っていうのは何か違う気がする。結末といえばラスト、ボーデン今は幸せそうだけど、どうするつもりなんだ…と、そうか、ネタバレすれば晴れて無実なのか? もっとややこしくなるのか?
 原作既読の僕はそれなりに満足したけど、一緒に見に行ったふな君は微妙な納得いかないというか、かなり複雑そうだった。そこで今回カットされた現代パートとか原作について説明したら、すればするほど、どうしようもないバカ話にしか思えなくなってきた。なんでこのミスとかでいいランクだったんだろコレ。好きだけどさ。
posted by 魚 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。