2007年12月15日

「壁男」

 諸星大二郎の都市伝説奇譚「壁男」を原作にしたホラー。公開直後は関東ばっかりで、油断してたらいつのまにか来ていた。しかし一週間だけ。ムリヤリ時間を作って観にいった。ていうかもう先週の話。
 結局、期待していたのとはちょっと違った。原作の3つのエピソードをそれなりに上手いこと再構成してるなーと思っていたら、ラストは「ホラーの定番オチ」をストーリー無視してただくっつけたような感じになってしまった。なんでああなるのか、視点は誰なのかとか、どっちにしろ矛盾しそうとか、さっぱり解らない。僕の理解力がないだけなのか?
 壁男とおぼしき視点が、部屋から部屋へと覗いていく映像は面白いかったのに、結局雰囲気だけか。正直いまひとつ。
posted by 魚 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。