2008年01月17日

映画色々

1/6「キサラギ」と「カフカ 田舎医者」
 「キサラギ」は評判がよかったので、「カフカ」のついでにアンコール上映を見に行った。想像以上に面白くて、むしろその日のメインだったはずの「カフカ」より面白かったかもしれない。偏執的なまでにどんでん返してみせるけど、最終的な結論はそこでいいのか?という気がしないでもない。エンディングのチープすぎ微妙すぎなライブ映像はいい感じ。
 「カフカ 田舎医者」はちょっと期待しすぎたかもしれない。ぶっちゃけていって僕はそんなに面白いとは思わなかった。原作を行く道すがら読んだのだけど、あんな話だもの、どうしようもないのかもなあ。関係ないけど昔NHK教育で見てた「パクシ」とか「カロとピヨブプト」って山村浩二だったのか。腑に落ちた。

1/7「GRINDHOUSE U.S.A.バージョン」
 「プラネット・テラー」はベタネタとパロディだけでできたような、B級ゾンビ系パニック物。バーベキュー屋と保安官の兄弟といい、元保安官の爺さんといい、美味しいキャラばかりだなぁ。これ見よがしにグロいし、ムダにお色気だし、フィルムが1巻なくなってるし。
 「デス・プルーフ」は尻すぼみなところがB級オマージュなのか? なんというかがっつり脱力できる映画だった。ややらかったるいしシモネタだし、バタフライのラップダンスが楽しみだったのにちゃっかりロストリールだし!
 オマケの予告編ネタでは、「Don’t」が一番好きかな。あーいう勢いだけのギャグが結構ツボ。ニコラスケイジのフーマンチューにも吹かされたけど。
posted by 魚 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。