2009年07月26日

「予告された殺人の記録」

G・ガルシア=マルケス 新潮社/新潮・現代世界の文学

青年サンティアゴ・ナサールは殺された。村に紛れ込んだ大富豪バヤルド・サン・ロマルと、彼に見初められた少女アンヘラの村をあげての婚礼祝いの翌日、花嫁の兄弟たちによって「復讐」されたのだ。彼らは一日中ナサールを探して村を歩き回り誰彼かまわず殺人を宣言していたにも関わらず、結局殺されてしまう。ナサールの友人であったクリストは、二十年以上の過去に埋もれた事件の経緯を調べていく。
民族問題、貧富の差、戦争や政変の影響、あるいは個人としての自立、時代を作る状況は田舎の村であろうと分け隔てなく働いていてバヤルドのような闖入者の刺激によって神話的な(非人間的な)ドラマとして発現してしまう。という安易な要約をも取り込んでしまうよくできた話。小説と言うメディアならではの技法をフル活用している。ベースとして迫力に満ちたディティールの上手さ、「出来事」の作りの上手さがあり、その上で章ごとに割り振られた視点によって少しずつ全てを明らかにしつつ同時に違った物語としても見せていく構成があり、時間の流れと主観の壁の存在とそれに対して奮闘するクリストの存在も見える。バヤルドとアンヘラのパートを中心に絞って映画化されているらしいけど、確かにこれ全部は無理だよなあ。
posted by 魚 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「忌まわしい匣」

牧野修 集英社/集英社文庫

前半から後半にかけて現実から遊離していくみたいな構成。結構既読が多かったのでSFマガジンと異形コレクションに書かれたものが中心だと思うが、初出が書いてないようなのではっきりしない。

「忌まわしい匣 1」(枠物語)
「おもひで女」 既読。しょっぱなからこれか。
「瞼の母」 隠遁する男を追う母親との確執。幻想味の乏しい話では、暗い蓄積を圧縮してみせる趣向を何度か使ってる気がする。
「B1公爵夫人」 既読。やっぱりキーワードの使い方がセンス。
「グノーシス心中」 狂人に誘われ旅に出る少年。
「シカバネ日記」 みんな既に死んでいると感じ、死体になってかえってリフレッシュしてみるみたいな話。変な爽快さがある。
「甘い血」 外国人排斥論者の青年は奇妙な少女に魅入られる。正体不明の怪奇ではなく、いかにも伝奇っぽい設定が出てくるあたりちょっと変わっているかも。
「ワルツ」 謎の音楽家に拾われ軟禁状態で暮らす女。壮麗な悪夢の喪失に寂しさを感じる。
「忌まわしい匣 2」(枠物語)
「罪と罰の機械」 既読。
「蜜月の法」 地球の抱く妄想を封じるため現れた奇妙な戦士たち。短篇とは思えない詰め込み方だ。月世界小説――(傀儡后)――物語域シリーズの系譜っぽい。
「翁戦記」 既読。まっすぐな退魔物で作品集の中で浮いてんじゃね。結構好きなので再読。
「<非―知>工場」 既読。
「電波大戦」 既読。狂気を植え付けた人間を駒に闘争する二体の超越存在。のはずなのに妙に人間臭く、乱発される造語もいい感じに適当。これも結構好きなので再読。
「我ハ一塊ノ肉塊ナリ」 既読。
「忌まわしい匣 3」…平和な日常に乱入した異形により奇怪な話を延々聞かされるハメになった若妻は物語により自身の現実も侵食される、という枠物語だったのさ。
posted by 魚 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

「S-Fマガジン09年9月号」

早川書房

栗本薫追悼
残念ながら栗本薫はさっぱり興味を惹かれない作家で、今回再録された作品を読んでもピンともこなかった。だから結局今後もそうなんだろう。ただ高千穂遙の追悼文(の最後)にすごさの片鱗を感じたり。というか作家にしか書けない追悼文ですごいなぁズルいなぁ。
「氷惑星の戦士」 氷惑星の原住民と植民者のいざこざに規格外の戦士ノーマンが巻き込まれて大暴れである。惑星アスガルンって北欧神話っすか先生。さすがひっかかりなく大暴れを楽しめるのだけどそれ以上は感じないのだ。
「遥かな草原に……」 放浪惑星で発見された大きなネズミのような宇宙人への追憶。こういう設定は何か自分が厭うところ。

読みきり
「求道に幸あれ」菅浩江 手段を厭わないモデルと人工に頼らないことに拘るアスリート。対比がちょっとかったるいけど連作の中で一旦テーマを総括する回だからか。美容から出発して技術による人間の変革と人間性の軸にまで拡げていく話、と。デザイナーズによる個人主義の押し付け合いとか(クレスとかが書いてるような)は今回仮定レベルで言及した以上には触れないのかな。まだ続くようなのでそのへんに注目。
posted by 魚 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ファンタジーへの誘い」

伊藤典夫・編 講談社/講談社文庫/海外SF傑作選・9

こっちは全体的に面白かった。
「死神よ来たれ」ピーター・S・ビーグル 死神を舞踏会に招待したマダム。残酷でありながら爽やかな不思議な話。
「不可視配給株式会社」ブライアン・W・オールディス 若い夫婦は、行きがかりで不思議な男と賭けをすることになる。意志を含めていかにして出来事に対処するかと言う話か。ところでitangibleは無形、非実体、触れられないものということだから、塩入れを動かさないことにかけてあるのかね。気のせいか。
「大いなる旅」フリッツ・ライバー 奇妙な生物たちと一体になって行進し、やがて旅立っていく。SF的言葉で綴る幻想。
「この卑しい地上に」フィリップ・K・ディック 既読。
「ふるさと遠く」ウォルター・S・テヴィス 既読。
「十三階」ウイリアム・テン 存在しない十三階を借りるテナントに翻弄されるマネージャ。テンは何か物足りない。
「闇の旋律」チャールズ・ボーモント 謎の旋律に誘われる堅物女教師。プレイボーイ誌初出ならしょうがないね!
「順応性」キャロル・エムシュウィラー 不思議な衝動を押さえ、一般人らしく暮らしてきた女の告白。正体がなんなのか結局よく解らないあたりが面白い。これ今なら母娘の確執とかそういうネタ交えるひといるんだろうか。
「街角の女神」マーガレット・セント・クレア 街角で零落したアフロディテと出会い世話をする男。切ない都会ファンタジー。
「みにくい海」R・A・ラファティ 既読。
「名前の掟」アーシュラ・K・ル・グイン 既読。
「きょうも上天気」ジェローム・ビクスビイ 超能力少年の残酷さと非常識に支配された村。あらすじは知っていたけどそういえば読んでなかったのだ。超能力の想像以上の万能加減に爆笑。いちいちディティールがグロテスクでよい。
「ゲイルズバーグの春を愛す」ジャック・フィニイ 既読。
posted by 魚 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「不思議な国のラプソディ」

福島正実・編 講談社/講談社文庫/海外SF傑作選・6

まだ面白いやつは最近また再録されてたりする(そこで読んでる)せいか、未読だけ拾い読むと今一な印象になってしまうな。この巻のテーマが「驚き」「意外性」というかなり無理があるものだからかも。
「壁の中」シオドア・R・コグスウェル 既読。
「暴風雨警報」ドナルド・A・ウォルハイム 空気生物の侵略と攻防。
「反対進化」エドモンド・ハミルトン 既読。
「死都」マレイ・レンスター 南米のジャングルにオーパーツ発見の巻。宇宙人かと思ったらむしろ時間ネタだった。
「手品」フレドリック・ブラウン 既読。
「ここは地球だ」ウィルスン・タッカー 「ここは地球でしょうか」と尋ねられたところから始まる不可解な出来事。落ちないのかよ!
「真夜中の太陽」ロッド・サーリング 徐々に太陽に近づいていく地球の上で、熱気に苦しむ人々。それだけの話だけど雰囲気はいい。ただし雰囲気重視すぎて突っ込みどころは多い。
「奇妙な子供」リチャード・マシスン 帰宅途中に奇妙な記憶喪失に襲われた男。語りを捻ってあるので読める。
「くりのべられた審判」ウィル・F・ジェンキンズ マレイ・レンスターの別名義ですが。今度は南米のジャングルに知性を持つアリ群体発見の巻。
「静かに!」ゼナ・ヘンダースン 既読。
「最後の地球人」ジョー・L・ヘンズリー 地球を攻略し、数人の生き残りを連れて凱旋するアルクトゥルス人の宇宙船内でおこる怪現象。なかなか上手い。
「災厄」ローレンス・シアーズ 新聞記者と災厄を呼び寄せるらしい恋人。
posted by 魚 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「魔術師が多すぎる」

ランドル・ギャレット 早川書房/ハヤカワ・ミステリ文庫

魔術の「才能」や原理が存在し、魔術師が学究や法曹の要職を占めるもう一つの現代。腕利き捜査官ダーシー卿は、いとこのロンドン候に巻き込まれ、部下の魔術師ショーンを連れて魔術のカンファレンスでおこった不可能殺人の謎に挑む。殺された魔術師が海軍の開発した秘密兵器に関わる研究者だったために事態は複雑なありさまになっていく。
万能でもなければ資材や準備がそれなりに必要で、さらには術者の「才能」が不可欠という魔術を科学捜査や話の展開に程よいレベルで活用し、国家や宗教的にも複雑な事情をもった人物たちが関わりあう展開は筋を追うので自分には精一杯。しかもフー・ハウ・ホワイの三つをすべて解くだけじゃなく叙述レベルでのトリックもあるのでもはやすげーすげーとか言いながらただ煙に巻かれっぱなしな気分に。このへんミステリで苦手なところ。というわけで超常的な設定のもとで起こるミステリのバリエーションとして、これは中々のものではないだろうか。いやミステリはよく知らんのですけど。
posted by 魚 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

「七番目の出来事」(短篇)

monkey business vol.6 箱号
リチャード・パワーズ

パワーズらしき作家の綴る、元生物学者であり批評家だった親友と彼女の提示した問いについて。作家と文学にできること、「大きな物語」の範囲について、ヒューマニズムに閉じこもって人間が消費していく自然の存在を無視しつづけるのか、美しい野生動物や利用可能な天然資源のような皮相な部分ではない『自然そのもの』については語りえないのかと問う。
自然科学を勉強したものとして、ここで苦言を呈されるヒューマニズム批判には色々(漠然と)思うところはあり、思考を受け付けない自然のスケールに(漠然と)うなずくところあり、あともちろん本を読むのを好む人間として物語の意義にも(漠然と)思うところはあり。「四肢麻痺の入院患者に、窓の外の驚異を語り聞かせる心臓麻痺の患者」という例え話が出てくるけれど、彼女を亡くし希望のない壁に立ち向かうことになったパワーズは何を物語れるのか、精神のない自分たちは何の物語を聞くのか。厚みに腰引けてたけど面白い作家だな。
posted by 魚 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

「現代フランス文学13人集・3」

新潮社/<現代フランス文学13人集>

『麗しのオルタンス』を読んだときに、作中で何度か言及される「わが友ピエロ」を参考にするために手に取った。せっかくなので他の三編も読んでおく。
「ジョン・パーキンズ」アンリ・トマ 逃避願望を秘めながら生活への怒りを募らせる男と、その生活の崩壊。結末が二種類提示されるのがポイント。癇癪を爆発させた場合と不発だった場合、とされているけど実は大差なく、個人の目線か周囲の目線かという書き方が実は一番違う。
「狂った記憶」ルイ=ルネ・デ・フォレ 少年らしい意地と傲慢で寄宿舎の中で孤高を保とうとした記憶、何気ない聖歌合唱の最中にある種の至高性に触れたような感覚。移ろい変質していく記憶に抗いそれらの回帰と記録を試み苦心惨憺とする記述者。記憶の中の情景を文字に落としているので解り難く回りくどく、それで詳述するので読むのに時間がかかった。面白い話ではある。
「わが友ピエロ」レーモン・クノー 無気力気味な青年、ピエロが状況に流され日雇い仕事を転々とするうちに、以前働いていた遊園地は火事に合い、サーカスの動物運搬のために訪れた町では何故かその遊園地の関係者と次々に出くわす。「犯人どころか事件があったのかすら曖昧なミステリ」という趣向で、なるほど「オルタンス」で言及されるわけだ。最もこれでは「オルタンス」と違って警察すら出てこない(ピエロの視点から離れて記されるヒントで一部が暗示されるだけ)ので念が入っている。案外非道な策略が進行していたらしいのは解るが、さて。もちろんそう言った趣向抜きでも登場事物の右往左往だけで結構楽しい。「オルタンス」との関連としては、ボルデヴィア王子の事故死エピソードが丸々同じ。結構傑作なので「オルタンス」とあわせて読みたい。これも章立てに数学的構造があるのかもしれないけれど解らない。
「勝負の終り」サミュエル・ベケット 何やら荒廃した世界の荒廃した小屋の中に、不具の人間が四人。尊大な支配者ハム、盲目で歩けない彼の世話をするクロヴ、ゴミバケツの中で眠る老夫婦ネルとナグ。罵りあい、出て行く出て行けないなどと言い合いながら、彼らはひたすらに終わりを待っている。これが世界の縮図だとしたら哀しすぎるなあというくらいに陰鬱な話だ。三本足しかない犬の人形とか、気になる小道具がぞろぞろ。
posted by 魚 at 04:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

「地獄のコウモリ軍団」

バリー・ハナ 新潮社/新潮クレスト・ブックス

南部州の田舎町や地方都市を舞台に老いや死と言ったテーマを扱いながらもその描きぶりは身もふたもなくグロテスクにコミカルで、情も怒も歪んでいる。その露悪加減が却ってしんみり。どん底を這いずらざるを得ない人々を使命感と親近感を持って眺める人物、でも自分自身歪みを孕んでいる、という構図が基本パターンか。状況設定や語り方の捻りがテクニカルすぎて以下の要約もあまり要約になってないが、物語自体はさらに上を行く迫力なのでただの奇想話というわけではない。どれも面白かった。傑作「よう、煙草と時間とニュースと俺のメンツはあるかい?」は言うまでもないとして、好きなのは「ふたつのものが、ぼんやり、互いに襲いかかろうとしていた」「ルーグ・ルートのスパイ」「デンタル」あたり。
「老いの桟橋」 桟橋に集い悪口垂れ流しな老人たち。
「ふたつのものが、ぼんやり、互いに襲いかかろうとしていた」 バロウズをモデルにしたらしい老作家と、犬化病に冒された老人の友情。
「地獄のコウモリ軍団」 五体満足な人間が一人もいないほど荒廃した軍隊があっけらかんと描き出す地獄の日々。
「ヤープの夜」 妖怪ヤープにヒッチハイクされ、食堂まで連れて行くことになった若者。
「クリスマス教訓劇」 無目的な暴力と盲目性についてのスケッチ。
「悲惨日記」 フラれたのみならず踏みつけられる。
「ルーグ・ルートのスパイ」 遠聴ゆえ隠棲し町を望遠鏡で窺う若者と、彼を監視する男。
「母なる口腔」 エルヴィスの母を自認する女。
「至高のスキャンダル」 変態老人の愛人に恋した少年、真実の歴史としてのスキャンダル。
「発覚! ロックスターに過去なし」 老人は若者を食い物にするか。
「モナは二階でアレを欲しがる」 享楽的な妻と義妹を賛美しつくす男と、その妻の出産。
「ハーマンはよその州」 「老いの桟橋」パート2みたいな。
「デンタル」 ある歯科医のよくあるままならない人生。
「このお目出度き種族」 奴隷となることの権利を説く市長。
「よう、煙草と時間とニュースと俺のメンツはあるかい?」 詩作の才能を持ちながら人生のドツボにはまっていく息子と、彼を見守らざるを得ない三文文士の父親。
「ニコディマスの断崖」 チェスをすると人格の換わる父親と債権者たちの記憶。
posted by 魚 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スタークロス」

フィリップ・リーヴ 理論社

“ヴィクトリアンスペースオペラ”『ラークライト』の続編。ラークライトを普通のお屋敷に改装する間、一家はリゾート小惑星「スタークロス」を訪問する。小惑星帯のど真ん中にありながら一日一度出現する「海」を売りにした観光地にはなにやら怪しげな秘密があるらしい。
旧支配者の陰謀により太陽系中を駆け回った『ラークライト』の続編ということで、今度は遠未来からの侵略を食い止めるべくタイムトラベルする。さすがに続けてSF的設定の大ネタは出せなかったようだけど、英仏対立とかアメリカの顛末とか(改変)歴史モノの要素の部分は相変わらず楽しかった。時代に即した国家政治個人の描き方と、ジュブナイルとして正しいあり方の摺りあわせは安心の丁寧さだけど、ルーブの教化は別に誰も気にしないのか。そりゃしてどうするってところだし自衛っちゃそうなんだけども環境に不適合すぎるんじゃ。
posted by 魚 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。