2008年12月07日

クエイ日和

近所の映画館が、ちょうど七時間少しぶっ続けでクエイ兄弟の映画が見れるプログラムだったので思い切って観てきた。寝坊しかかっただけあって映画中は眠らずにすんだけど、結構しんどかった。抜群の催眠効果。字幕がないとかセリフがないとか筋がないとかそんなんばかりだと頭がもやもやしてくる。人形アニメがウリのはずだけど、ダンサーに兄弟が演出をつけた「サンドマン」「デュエット」の二作が印象強い。バレエやダンスの類をマジメに観るのは多分初めてだけどプロのダンサーの表現力ってすごいなぁ。「ストリート・オブ・クロコダイル」と「櫛」のシュールな人形の不条理な彷徨は期待通りに楽しかった。あと印象に残ってるのは「ファントム・ミュージアム」と「レオシュ・ヤナーチェク」、「イン・アブセンティア」(これは眠さ的な意味で)あたり。休憩に出ている間に終わってしまった「スティル・ナハト3」が心残り。

タイトル一覧
posted by 魚 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールナイト

はじめてオールナイトに行ってきた。思ったより込んでいて驚いた。

「ラ・ジュテ」
第三次世界大戦後の荒廃した未来で、未来に救援を求める時間移動実験の被験者になった男。映画だけど写真というか、写真だけど映画というか……静止画MADというと通じるんだろうか。何か違うな。おでこにボタンっぽいの貼り付けた遠未来人の造詣の適当さが愉快。剥製だらけの博物館でのランデブーが美しい。どうでもいいところだけど、キリンの剥製を置きすぎだと思った。首がにょきにょき。

「ひなぎく」
人生の意味を求め若さゆえの暴走を繰り広げる二人の娘。部屋の中で紙テープを燃やし、レストランではしゃぎ、牛乳だのなんだのぶちこんだ風呂を沸かし、突然メランコリックになり、おっさんを引っ掛けては奢らせて振り、パーティの準備をめちゃくちゃにする。モノクロ・カラー・特撮を交えた中々実験的な映像。というか二人がはしゃぎすぎで可愛い。

「ヴェルクマイスター・ハーモニー」
ある田舎町に、クジラの見世物と一緒にやってきた不穏な気配。老音楽家の世話をしている青年は、音楽家の妻(ちなみに別居中で警察署長とねんごろ)の命令で謎の扇動者「プリンス」について調べる。145分で37カットという狂気の長回し映画。暴動を起こした人々がひたすら町の中を歩いていく様子、留守番中の子供がひたすら大騒ぎしている様子、どんな些細なカットでもやけに間が長いので145分といっても普通の映画と密度はあまり変わらないかもしれない。出来事は明白だけどモチーフの意味がいまひとつ解っていない。暴動、クジラ、狂気、ヴェルクマイスターの音階。音楽は綺麗で使うタイミングもばっちりで印象も強い。居眠りしないようにずっと数えていたらどこで間違えたか 36カット、しょんぼりした。

「ファンタスティック・プラネット」
文明の進んだ巨人と原始的な人類がともに暮らす惑星。人類は巨人のペットにされるか害獣として駆除されるかしかなかったが、巨人の文明を学んだ一人の男が運命を変える。そのまんまの話だけど手書き風味を活かしたアニメーションが変な絵なので面白い。なんでこんな設定なのかよく解らない。
posted by 魚 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

最近見た映画

「エターナル・サンシャイン」
「逆回転」がやってるし予習しておかねばと思っていたところ、半額だったので早速レンタルしてきた。状況ありきでゴンドリーの変な映像表現を延々楽しむ類の映画かと思っていたら、普通に話とか人間関係で動かしていた。具体的には、記憶消去クリニックの職員たちの話とか。そんなのがあるとは予想外。記憶消去技術の色んな意味での適当さに笑いつつ、そんなもんかもしれないねーと投げやりに考える。

「アフタースクール」
なぜか今ミニシアターに来ていたので観てきた。どんでん返しものだからしょうがないけど、やっぱ説明パートが長いなあ。間合いとかコレというシーンの見せ方が上手いのか、テンポよく楽しめた。序盤の主役だった探偵がどんでん返し後一気にただの傍観者になってしまうのは何か残念。

「アイアンマン」
ラストバトルは案外どうでもよくて、パワードスーツ作るところとVS戦闘機が見所かな。見張りを立たせないゲリラとか、三十年支えたのが信じられないほどこらえ性のないハゲとか、開いたままの穴とか、壮絶な引きとか、色んなところでウケてしまったけどとにかく社長いい男。

「僕らのミライへ逆回転」
変な邦題は“バックトゥザフューチャー”のダジャレだという噂を一緒に観にいった人から聞いたけどほんまかいな。実はあまり脈絡の無いシーン・情感・見せ場の連鎖を、主人公たちの異常な個性と「スウェーデン版リメイク」の素敵なアホさで無理矢理一本にしてしまう力技だと考えればすごい発想だなあと思う。そして力技やなぁと思いながらもみんなが一つになるクライマックスにはジーンとくる。問答無用で弱い。

「ウォンテッド」
多分最近見た中で実は一番アホなんじゃないか。アクションや設定を棚上げしても、というか棚上げすると、展開やメッセージに加えられた捻りがかえってアホらしい。楽しかったんだけどね。世界を牛耳りたがる選ばれちゃった人をみるのは久しぶり。
posted by 魚 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

映画色々

1/6「キサラギ」と「カフカ 田舎医者」
 「キサラギ」は評判がよかったので、「カフカ」のついでにアンコール上映を見に行った。想像以上に面白くて、むしろその日のメインだったはずの「カフカ」より面白かったかもしれない。偏執的なまでにどんでん返してみせるけど、最終的な結論はそこでいいのか?という気がしないでもない。エンディングのチープすぎ微妙すぎなライブ映像はいい感じ。
 「カフカ 田舎医者」はちょっと期待しすぎたかもしれない。ぶっちゃけていって僕はそんなに面白いとは思わなかった。原作を行く道すがら読んだのだけど、あんな話だもの、どうしようもないのかもなあ。関係ないけど昔NHK教育で見てた「パクシ」とか「カロとピヨブプト」って山村浩二だったのか。腑に落ちた。

1/7「GRINDHOUSE U.S.A.バージョン」
 「プラネット・テラー」はベタネタとパロディだけでできたような、B級ゾンビ系パニック物。バーベキュー屋と保安官の兄弟といい、元保安官の爺さんといい、美味しいキャラばかりだなぁ。これ見よがしにグロいし、ムダにお色気だし、フィルムが1巻なくなってるし。
 「デス・プルーフ」は尻すぼみなところがB級オマージュなのか? なんというかがっつり脱力できる映画だった。ややらかったるいしシモネタだし、バタフライのラップダンスが楽しみだったのにちゃっかりロストリールだし!
 オマケの予告編ネタでは、「Don’t」が一番好きかな。あーいう勢いだけのギャグが結構ツボ。ニコラスケイジのフーマンチューにも吹かされたけど。
posted by 魚 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

「ゾンビーノ」

 せっかくなんで「壁男」とまとめてみてきた。
 こっちは逆に、期待以上によかった。50年代米ホームドラマ風社会で、ゾンビを奴隷兼ペットにしているというアイデアだけでおかしいけれど、内容はさらにおかしかった。ワルガキも先生もぽんぽん死ぬし、主人公家族は変に独善的だし、母親はゾンビとロマンスしそうになるし、徹底してくだらない。ラストのハッピーっぷりとかはその極み。人によってはもっと突き抜けてほしいと思うかもしれないけど、ぬるい僕にはこれくらいのブラックさで充分。
 ゾンビを象徴的に理解すると風刺でもあるのかな。まあそれもこれ見よがしな感じではない。ハデさはないけど良作。
posted by 魚 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「壁男」

 諸星大二郎の都市伝説奇譚「壁男」を原作にしたホラー。公開直後は関東ばっかりで、油断してたらいつのまにか来ていた。しかし一週間だけ。ムリヤリ時間を作って観にいった。ていうかもう先週の話。
 結局、期待していたのとはちょっと違った。原作の3つのエピソードをそれなりに上手いこと再構成してるなーと思っていたら、ラストは「ホラーの定番オチ」をストーリー無視してただくっつけたような感じになってしまった。なんでああなるのか、視点は誰なのかとか、どっちにしろ矛盾しそうとか、さっぱり解らない。僕の理解力がないだけなのか?
 壁男とおぼしき視点が、部屋から部屋へと覗いていく映像は面白いかったのに、結局雰囲気だけか。正直いまひとつ。
posted by 魚 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

「Genius Party」

この間の土曜日に観にいった。

「Genius Party」はその世界観、石の頭が可愛いのだ。ハート吹きだしてモゾモゾ動く。物言わぬキャラが健気に頑張るのって一定のアレがある。音楽はよく解らないけど結構よかった気がする。
「上海大竜」は特撮パロディ。上海の下町を舞台に、未来人と機械知性の戦争に巻き込まれた少年の話。テンプレを上手く使っているから、何故か途中までずっと中国語だけだったりしても混乱しない。脇役の無意味な濃さとか、とってつけたような「テーマ性」とか、色々やってる割に普通のエンターティメントに見える。
「デスティック4」の世界観もいい。変な絵柄の分、ストーリーは無難でいい塩梅。ところで、タイトルとかキャラとか、よく知らないけどファンタスティック4のパロなんだよね? どういう意味があるのか解らなかったけど。
 ここまではよかった。四つ目のちょい中二病風味の青春ドラマ「ドアチャイム」は微妙だったけど、今っぽくない絵柄と、オヤジ3連発とかの意味不明な部分があったのがかえって救い。
続く「Limit Cycle」で一旦ダウン。「ドアチャイム」の印象根こそぎ。意図しないとああはならないハズだけど、じゃあ一体何を意図したっていうんだ。
気付いたら「夢みるキカイ」になってて、これは無難。っていうか「ねこぢる草」っぽかった。やっぱり不安感、気持ち悪さを醸し出すのが上手い。
トリの「Baby Blue」は……音楽とか映像はともかく内容がどうにも。ああいうのは「ドアチャイム」だけで充分。「ドアチャイム」よりド直球に青春かっこつけ。もたれる。
作品の順番が違ってたらもうちょい印象がよかったのかなぁとか思わないでもないけれど、やっぱり僕には最初の三つだけでいいや。
posted by 魚 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

「プレステージ」観てきた。

 まずしょっぱな、林の中に散らばるシルクハットは絵になるなぁと思った。奇術師工房の雰囲気とかもいい。原作でのイメージがさらにクリアになった。衣装とか生活とかについても。むしろ自分の想像力のいかに貧困で紋きり型なことか。 映像はいいんだけど、肝心のマジックそのものはあまり面白くなかった。二人とも妨害受けて失敗しているシーンがほとんどだからな。あちこちで描写がもう少しずつほしい。まぁでもすでに130分あるしねぇ。
 しかしアンジャーもボーデンも、かなりヤバい人間だ。原作でもこんなだったっけ。ところどころ引いた。あとアンジャーの最期はともかく、そこでのボーデンが微妙にイヤなヤツだな。なんか上から見て。人生手品だけじゃないみたいなこと言って、そりゃアンタ、手品に没頭しすぎて色々幸せ失った自分が後悔半分そう言うのは勝手だけどさぁ。ザマみやがれ騙しあいは結局はお前の負け勝ったのは俺だぜーくらいムダに勝ち誇ってダメ人間っぷりを見せてほしかった。あれ、結局変態のほうがいいってことか? まぁいいや。
 さておき、案外丁寧に伏線張ってて、ちゃんと上手くどんでんがえる。それ以外にもトリックが仕込んであるし、よくできているなぁ。でも「この映画の結末は〜」っていうのは何か違う気がする。結末といえばラスト、ボーデン今は幸せそうだけど、どうするつもりなんだ…と、そうか、ネタバレすれば晴れて無実なのか? もっとややこしくなるのか?
 原作既読の僕はそれなりに満足したけど、一緒に見に行ったふな君は微妙な納得いかないというか、かなり複雑そうだった。そこで今回カットされた現代パートとか原作について説明したら、すればするほど、どうしようもないバカ話にしか思えなくなってきた。なんでこのミスとかでいいランクだったんだろコレ。好きだけどさ。
posted by 魚 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

映画漬け

 16日。「ユメ十夜」 ギリギリにいったら席売り切れだった。そもそも最終日の最後の回だったしなあ。仕方なく立ち見したけど疲れた。立ってるだけならともかく、同じような立ち見の人が前後にいるせいで体勢が崩せないのはしんどすぎる。
 漱石の「夢十夜」を一編ずつ十人の監督が映画化するという趣向。しかし、みなさん夢ネタだからといってメタや不条理に走りすぎだと思う。もっと素直にやっていいんじゃないの。まぁ一番素直に幻想な第七夜はそんなに好きじゃないんだけど。自己言及とホラーのバランスが上手い「第三夜」、不条理ホラーなら「第五夜」の雰囲気が好きで、一番解りやすいストーリーがあって面白いのは「第十夜」かな。僕の好みでは。とくに第十夜は漫☆画太郎の脚色らしいけど、画太郎の漫画にしか見えなくて困った。帰ってきてから原作を読んだけど、元から充分不条理ギャグっぽいんだね。レトロな街で失くした思い出を辿る「第四夜」はありきたりかなと思ったけど、オチとかの雰囲気は好き。「第六夜」は2ちゃん語のネタがなんか微妙であまり好きじゃなかったが、原作と対照するとアレンジは上手いか。不条理な投げっぱなしっぽいオチがちょっと上手いシャレに。悟りを得ようと焦る「第二夜」は、原作のほうが内面の焦燥がよく伝わってきて面白い気がした。プロローグエピローグは雰囲気があってない気がしたなぁ。

 18日。「プレスリーvsミイラ男」 どう考えてもB級なバカ映画っぽいのに、カップルで来てる人たちが予想以上にいて驚いた。それともカップルこそこういう映画にいくものなのかな。解らない。さらに女性の二人連れで来てる人らさえいて、何者かと思った。それとも女友達同士だとこういう映画にいくものなのかな。解らない。
 内容はあまりのにも原作そのままって感じでちょっと困った。原作だけで充分と思う人は結構いそうだな。まさかあの呪文までそのままやるとは思わなかった。追加された回想シーンは語り手の「曖昧さ」を減らしてしまっている気がして、あまりいいとは思えなかった。あとスカラベのチャチさには笑いそうになった。目まぐるしく切り替わるカットを導入して、まどろんでるボケ気味老人の内世界を表現するのは面白い。でもあのミイラのバックボーンを暗示するカットは別になくてもいいんじゃないかなあ。そういえばムダに爆発するトレーラーハウスは笑いどころなのだろうか。馬鹿馬鹿しくて面白かったけど。
 タイトルからしてB級パロディを意識してるっぽいな。すると「次回作はババ・ノスフェラトゥ!」ってのもネタかな。それとも本当にあるのか?

 21日。「ナイト・ウォッチ」 これはDVDをレンタルしてきた。返却日ギリギリになってしまったので慌ててみる。たかが二時間といえど、いつでも見れると思ってたら中々見れないなあ。二度寝とかしてたらあっというまな時間なのに。
 映画は見ごたえがあったけれど、やっぱり映画館で観るべきだったなあ。「ユメ十夜」とかよりよっぽど。うちの画面じゃちょっとショボい。あと下敷きになっているのが三部作の第一部、そのさらに三分の一だから、何か色々引っかかるものが残りすぎだ。色々な説明を上手く省いていると思うけど、映像効果が凝りすぎてるせいで何が起きているのかよく解らないシーンもあるし。あと災厄の乙女の扱いが軽いなぁと思った。派手なんだけど、ストーリーからしてメインじゃないのが丸わかりというか。
 原作からアレンジしてある部分は後々どう影響していくのかなぁ。というか原作の二作目はいつでるんだ。
posted by 魚 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

マイナー系映画三題

 1日に、梅田まで行って「パプリカ」「鉄コン筋クリート」「スキャナー・ダークリー」を三連発で見てきた。千円だったし、ほぼ続けて見れる時間割だったのだ。
 「パプリカ」は二回目なので、細かいネタや伏線にも目がいって面白かった。佐川急便の飛脚が力士になっているとか。氷室の部屋で、ちょうど小山内の見ている書棚に刺さっているのが、ソレ系の雑誌だったり。
 「鉄コン」は期待していたほど動かなかったのが残念。イタチが登場して、来るか?と思ったけどそういうこともなく。シロの声の人は上手いと思う。キャラデザが湯浅正明っぽいと思ったけど、違うのか。こういうのはよく解らんですよ。
 「スキャナー」は前半のヤク中が集まってぐだぐだくっちゃべってるパートが長くて長くて、一体どうなるかと思った。と思ったらすごくきれいに落ちた。これには驚いた。でも「真相」が陰謀論的妄想そのままってのはどうなんだ。とりあえず六時間以上、ほぼ連続で見ているので腰と首・肩がすごく疲れた。その状態でみる「スクランブルスーツ」は、本当に気分が悪くなるなあ。
posted by 魚 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。